夜泣きとはどんなもの?何をしても泣き止まないのは夜泣きだからかも

ママを悩ます赤ちゃんの夜泣き。

3人育てるといろいろなことに慣れてきますが、夜泣きだけは慣れなかったです…^^;

ここでは、夜泣きとはどのようなものかについてまとめました。

「これって夜泣き?」「どうして泣き続けているの?」と疑問を持つママの役に立てばうれしいです!

何をしても効果なし!?夜泣きの特徴5つ

実は、夜泣きにはハッキリした定義が決まっていません。
そこで育児書や専門書を読んだり、知り合いの助産師さんに聞いたりして「夜泣きとはどんな状態か」を私なりにまとめてみました。

  1. 抱っこしても泣きやまない
  2. おっぱいやミルクをあげても泣きやまない
  3. これといった理由なく泣き続けている
  4. 生後半年~1歳半頃に起こりやすい
  5. 夜になると泣き止まない

理由なく泣き続ける、何をしても泣きやまない、夜にひどく泣く…こんな状態なら夜泣きの可能性が高いです。

夜泣きで泣きたいのはママの方だよ~

先輩ママや自分の親に夜泣きがひどいと相談しても、ママのつらさってなかなか分かってもらえません。

「夜泣きなんて今だけよ」とか「赤ちゃんの夜泣きなんて可愛いもんよ。思春期になると…(話から脱線するパターンですね。笑)」なんて言われることも多いです。

でも、夜泣きに悩んでいる時期は、ほんっっっとーにツライですよね。
誰が何と言おうと、ツライものはつらいです!
3人出産した私が、断言します。笑

いつか夜泣きは終わるっていたって、その「いつか」がわからないんですから。

夜泣きのつらさを笑って話せる日が来る!

「夜泣きなんていつか終わる」と言われると、ちょっと凹みませんか?
このつらさを分かってほしいだけなのに!!って。

でも、先輩ママも親御さんも、悪気があって言っているわけじゃないと思うんです。

夜泣きのつらさって、終わると忘れるんですよね^^;
(私も毎回忘れちゃって、2人目、3人目の夜泣きを経験するたびに「こんなに大変だったっけ!?」となっていました)

眠れない日々が続いているときは発狂しそうなくらいツライんですが、夜泣きが終わってぐっすり眠れるようになると、「あの時は大変だったな~」なんて笑い話になるんです。

正確には忘れるというより、「夜泣きのツライ記憶がうすれる」と言った方がいいかもしれませんね。

夜泣きがなくなるのをひたすら待つ必要はない!

先輩ママが口をそろえて言うように、夜泣きはいつかなくなります。
でも、そのいつかをひたすらジーーッと待ち続けているのって、しんどくないですか?

夜泣きがなくなればママも赤ちゃんも、もっとニコニコ笑って過ごせると思いませんか?

夜泣きを早く終わらせたいというママは、ぜひこのサイトで紹介している方法を試してみてください^^

失敗したり成功したり…私が実践した「夜泣きとの闘い」の歴史が詰まっています!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です